iphone自動アップデート方法

wifiのつなぎ方

知ってる人はwifiつないでココを読み飛ばしてください(笑)
まず、通信料を食わないで、データをやり取りするのにはWifiが必要です。普段から、学校や、職場や、自宅でWifiなどの普段行く場所のどこかで、自由に使えるWifiが必要です。
Wifiに接続するにはご使用のiPhoneで
設定 ➤ Wi-Fi ➤ (使用したいWifiを選択) ➤ Wifiのパスワードを選択
と言う設定をすれば、Wifiに接続できます。
Wifiに接続できていれば以下のように左上に扇形のマークが出ます。

アプリ等の自動アップデート設定

設定 ➤ iTunes StoreとApp Store ➤ アップデート
にチェックを入れてください。
設定 ➤ iTunes StoreとApp Store ➤ モバイルデータ通信
のチェックを外してください。(これをしないと、通信料を食ってしまうため)

以上で設定は終わりです!
これで、記憶しているWifiに接続したときにアプリの自動アップデートがかかるようになりました!
これで、また一つ便利になりましたね( ˘ω˘ )笑

自動アップデートしたかった理由

iphoneを使用していると、気づいたら「〇個のアプリのアップデートが可能です。」と出ていると思います。いちいちアップデートするのは面倒くさいし、けど、アップデートしないと、機能が落ちてしまったり、アプリが使えなくなってしまったりしますよね?けど、外出先などでアップデートをすると、通信料を食ってしまって、「通信制限かかってしまうー」なんて声もよく聞きます。なので、今回はそれの通信料を食わない自動アップデート方法について、説明していきたいと思います。

PS:
他にも、
設定 ➤ iTunes StoreとApp Store ➤ ミュージック
設定 ➤ iTunes StoreとApp Store ➤ App
設定 ➤ iTunes StoreとApp Store ➤ ブックとオーディオブック
などの設定をOnにしておくと、それらも自動でダウンロードされるのでいいと思います。余裕があったらやっておいたほうがいいですよ!