【レビュー】理系大学生が最新iPad Pro 11インチを1ヶ月使ってみた感想

まめっじです。

iPhoneやMacbookが便利で、iPad Proも欲しい。。。でもちょっと高いな。。。って思ってる人、いるんじゃないでしょうか。

今日はそんな人に向けて、普通の理系大学生の僕がiPad Pro11インチを買って1ヶ月使ってみた感想を書いていきたいと思います。

使ってみてよかったこと

授業・研究メモ、ちょっとした考え事を溜めておくのに便利

iPadを利用してみて、ものすごく便利だと思うのはやはりApple Pencilを使っての手書きノートとkeyboardを使ったタイピングどちらも使ってメモが作成できることです。

単なる議事録等はタイピングの方がいいですが、プログラムの構成を考えたり、人の話のメモするときなどは手書きの方が思考力が働くのでApple Pencilを使ってメモして、それをEvernoteで管理できるのは最高です。

論文・大きめの電子書籍を読むときに便利

僕は普段Kindleを使って電子書籍を読んでいるのですが、論文や実用書などの大きめの電子書籍を読むときは、iPadの方が便利です。僕はまだやったことはないのですが、PDFに書き込みもできるらしいので論文を読む際には活用していこうと思います。

使ってみて微妙だったこと

Smart Keyboardがついてると重すぎる

電車の中でiPadを使って電子書籍や論文を読むことが多いのですが、立ちながら読むにはSmart Keyboardがセットの状態だと重すぎてすぐ腕が疲れます。正直、小説等の電子書籍だけ読むのならKindleの方が便利です。

Apple Pencil、つけっぱなしにしてると失くす

最新型のApple PencilはiPadの側面につけて充電しながら持ち運べることで有名ですが、この状態でカバンの中に入れると次取り出すときほぼ外れます。気がついたら外れていることもしばしば。結局、失くすのが怖いのでApple Pencilは筆箱の中に入れて持ち運びしています。

iPadとその付属品の購入にかかる費用

iPad Pro Cellularモデル 11インチ 256GB

Apple Pencil

Smart Key Board

計 174,190円

普通に全て揃えると、17万円近くかかります。。。

CellularモデルとはiPhoneなどと同じようにSIMカードを挿して携帯の電波を利用できるようになるモデルのことです。
wi-fiがない環境でも使うことが多いかなと思ってこのモデルにしました。

Smart Keyboardは要らないよ、と感じる人もいるかと思いますが、iPadはその大きさ故、文字入力のしにくさが異常なので、Smart Keyboardは必須だと思います。

僕も使いましたが、Cellularモデルの場合、auの割引特典などを利用して実質10万円程度で購入することができるので、Cellularモデルの購入を検討している方は参考にしてみてください。

まとめ

むっちゃ便利だけど、17万は高い。Proである必要はなかった。
僕は割引特典等を駆使して10万程度で購入できましたが、それでも高い。
僕の主な用途は

  • メモ取り
  • Kindle閲覧

なので、スペックを落としてもよかったと思っています。
いまだったら、iPad 9.7インチ+Apple Pencil+純正でないBluetoothキーボードの組み合わせにして、6万円くらいにして買うと思います。

iPad Proの購入を検討している人は、もう一度自分の用途を考え直してみて、iPad Proでなければいけないのか、1世代前のiPadで十分ではないのか、考え直してみてもいいかもしれません。