【格安SIM】LINEモバイルって実際どうなの?1ヶ月使ってみた感想

※これは2018年12月21日現在での情報です。情報が古くなっている可能性があるのでご了承ください。

最近、格安SIM業者がCMで有名女優を起用するなどしてブランディングにも力を入れているので、気になっている方もいるのではないでしょうか。

今日は、僕がauからLINE MOBILEに変えてみたよかったこと・悪かったことを書いていこうと思います。

料金・通信量などの変更点

auからLINE MOBILEに変えた際、通信量などのプランが以下のように変わりました。

  au LINE MOBILE
基本料 9,200円 1,690円
通信量 20GB 3GB
通話料 国内かけ放題 40円/1分
通信速度 *1 112.3 Mbps 48.7 Mbps
備考 LINE, Twitter, Facebook, instagramは使い放題

*1:2019年1月10日23:00に、手持ちのLINE MOBILEのiPhone 6SとauのiPhone6 Plusで速度測定した結果です。

できることは最低限になりましたが、その分料金もガクッと下がった感じですね。

LINE MOBILEに変えてよかったこと

料金がめちゃめちゃ安くなった

格安SIMのメリットは何と言ってもこれでしょう。だいたい月額7,500円も節約できています。

料金の支払いによってLINE Payのポイントがたまる

地味にこれも大きいです。だいたいたまるポイントは月50ポイント程度ですが、LINEスタンプ等を購入するお金は十分これで賄えるでしょう。LINE Payとの併用で可能性は無限大です。

LINE MOBILEは他のLINEサービスと組み合わせることによってさらに真価を発揮するでしょう。

乗り換えによって10,000円分のLINE Payポイントがもらえる

他社からの乗り換えの場合、キャンペーンコードを打ち込むことによって10,000円分のポイントがもらえます。でも、僕は乗り換えた後にこのことを知ったので、ポイントはもらえませんでした 泣

みなさんは忘れないでくださいね。

 

LINE MOBILEに変えて不便に思ったこと

データ残量を気にするようになった

auの頃は20GBだったので、wi-fiが使える環境でもそのまま4Gで通信したりしていましたが、LINE MOBILEに変えてからはこまめにwi-fiに接続するようになりました。僕が使うのはFacebook, LINEとちょっとのブラウジングだけなのでそんなに支障はありません。4Gで通信できるiPadもあるので。笑

乗り換えはなんだかんだ面倒だった

auからLINE MOBILEへの乗り換え方法はGoogleで調べればわかりやすい説明が出てきますが、なんだかんだ面倒でした。楽天モバイルなどは店頭でやってくれたりもするので、機械はちょっと苦手って人はそちらを活用するのも一つの手でしょう。

最新版のiPhoneに気軽に変えられなくなった

これが格安SIM1番のデメリットだと思います。現に、僕が使っているのは購入して二年半近く経つiPhone 6Sです。
auだと、分割払いや割引で最新型iPhoneがApple Storeで買うよりぜんぜん安く購入できます。しかし、格安SIMだとそういったプランはないので、自分でApple Storeで一括で買って契約するしかありません。頻繁にiPhoneを買い換える方は結果として大手キャリアの方が安くつく場合もあるので、よく考えて乗り換えましょう。

まとめ

LINE MOBILEに乗り換えて本当によかったと思っています。

最低限スマホが使えればいいって人には本当におすすめです。
一方、スマホヘビーユーザーで新しい機種にもガンガン変えたい!って人には大手キャリアの方が向いているでしょう。

自分にはどの業者が一番合っているかよく考えて契約するようにしましょう!