多重人格、解離性同一性障害の方と付き合った話

今日は多重人格、解離性同一性障害の話をしようと思う。
僕は少し昔、解離性同一性障害の方と付き合ったことがあります
僕は付き合う前に、彼女から前もって解離性同一性障害と聞かされていました。しかし、僕と一緒にいる間は彼女はほかの人格になったことがなかったし、彼女をなんとなくほっとけなかったし、彼女と仲良くもなっていたので付き合うことにしました。
解離性同一性障害は彼女から聞いていましたが、違う人になっても仲よくしたろwwと思う程度に考えていました。
そして、彼女が初めて僕の家に来たタイミングで初めて別の人格に変わりました。
彼女のしぐさや目つき、行動、習慣、声など全てが豹変し、今まで一緒にいた時の記憶をほとんど忘れてしまっていました。
そして、変わった人格は男性でした。おそらく同い年くらいの男性で、僕の家にいることがよく分からなくて僕に怒っていました。
唐突に野太い声でガチギレされてクソビビり散らした僕ですが、まあ知らん人の家に唐突におったらビビるわなwwと思って事情や経緯を説明して納得してもらいました(笑)
それらを経験した僕は解離性同一性障害は病気なので治した方がいいと思っていまし、常識的に病気は治したほうがいいと思っていたのと世間体もあるし治した方がいいっしょ!と思い、色々治そうと努力しました。
そしてネットで調べたたり、実際に病院に行ったりした結果、治療方法はおおよそ2つあることが分かりました。
ひとつめは、人格を統合するやり方ですべての人格をひとつに混ぜてしまうと言うものでした。
ふたつめは、他の人格を切り捨てるというやり方でした。メインの人格を残してそれ以外を切り捨てるというやり方でした。
しかし、ふたつめの方法は少しだけ難点がありまして、僕が付き合っているのは後から作られた人格で出会った当初からその人格と仲良く過ごしていたということと、彼女の元々の人格はかなり引っ込み思案で僕は一回も会ったことがない事です。その方法で治療が行われたとしても、彼女のほうが幸せになるかどうかわからないし、僕自身も付き合っていた彼女の人格が消えてしまって何のために頑張っていたのかよくわからなくなってしまいます。
そうして悩んでいるうちに3カ月程度の時が流れました。

その頃には僕も、彼女のほかの人格とも仲良くなっていきました。
彼女の中の5歳くらいの子は走り回ってて飴ちゃんが好きでかわいいし、初め僕に怒った同い年くらいの男の子は彼女たちを守ろうとしていてかっこいいし、少し年下の女の子は元気ハツラツで一緒にいて楽しいし、少し年上の女の子はクールで頭がよくてかっこいいしと言うことで彼女たちもいい部分をたくさん持っているんだなぁと思いました。

そして、僕は

彼女たちの本当の幸せを願ったときに本当は彼女たちはどうしたいのかを考えて聞いてみました。

彼女たちは、解離性同一性障害をあまり治したくないそうです。
理由は簡単で、治療方法がよくないのだと言います。
家族のように仲のいい人格同士でも、それらと混ざり合うのは嫌と言う理由と、家族のように仲が良く今まで支えあってきた人たちと二度と会えなくなるのは嫌と言う理由でした。確かに僕も家族と人格混ざり合いたくないし、けど一生会えないというのも嫌だったので気持ちはすごくわかりました。なので僕は

まっいっか、みんなで仲良くやろ(笑)と思って付き合っていました。

そしてなんだかんだうまくやっていきました。(笑)
別れた理由は別なんですけど、今でもたまに連絡は取りあってる程度には仲がいいので、彼女には将来幸せになってほしいですね((

 

時が経って、最近解離性同一性障害を何度も直したことがあるというメンタルセラピストと話す機会が訪れました。

そして、解離性同一性障害をどういう風に見てきたかと言うことを聞いてみました。
そのセラピストが言うには、人間は同時に色々なことを考えたり思ったり感じたりしていて、それらを制御できるかどうかが解離性同一性障害の人と普通の人の違いなんだと言っていました。解離性同一性障害の人たちはその人たちを制御できる人格を持っていないため、自分の断片的な感情や性格が出てきてしまっているだけだといいます。なので解離性同一性障害は治すものではなく、制御できる人格を作ってあげることで普通の人と同じようになるのだといっていました。

僕もその考え方も一理あると思いました。
しかし、それの考え方が合っているかどうかは別として、多重人格、解離性同一性障害について少し考えさせられました。

今日の豆知識:人格が変わると視力も変わるみたいです。また知識量なども人格によって変わるみたいです。

ついでに僕はいまフリーなので彼女募集中です。てへぺろ(・ω<)