prime now(Amazon)使ってみたら、本当に3時間後にWi-Fi中継器を運んで来てくれた話

こんばんは。パピーです。

今日は、お正月休みに使ってみたAmazonの「prime now」を使ってみて感じたことをお伝えしようと思います。

どんなサービスか

Amazonが、Amazon商品を最短2時間で運んでくれるプライム会員向けサービスです。Amazonホームページによると、

“商品数は約18,000点でスマートフォンからご注文いただけます。食品類、水、ジュース、お酒、洗剤やシャンプー、ベビー用品、おむつなどの日用品を単品または少量単位で注文できる他、ペット用品、本、おもちゃ、ゲーム関連用品、スポーツ用品などの趣味・嗜好品、プリンターやPC周辺機器、コピー用紙や文房具用品、家電、これからの季節に必要となるクリスマス用品やギフト商品などの幅広い商品を1時間以内にお届けします。”

とある。

簡単に、prime nowを使うに至った背景を説明しておく。
前々から、マミー(妻)に、「(我が家の)Wi-Fiがお風呂まで届いていないから、直してよ」と言われていたが、風呂場でiPadを使ってテレビを見る重要さがどうしても理解できず、相当期間「わかった、わかった」と言いながら放っておいてしまっていた。
そこに大学4年生の次男、mamedgeが「なんか俺の部屋、Wi-Fiが不安定なんだけど(笑)」と、マミーの前で言ったものだから、その日のうちになんらかの対処が必要になってしまったというわけ。

Wi-Fiルータを買い換えるか、中継器でエリアを広げるか、選択肢はいくつかあった訳だが、その検討内容や中継器のレビューは別記事で書くこととする。

よかったところ

なんでも買えそう

検討した結果、Wi-Fi中継器にして型番も確定したところで、1月6日(日:お正月休み最終日、明日から久々の会社という状況)の夕方、電車に乗ってビッグカメラに買いに行くか、車を飛ばしてPCDEPOまで買いに行くか、あるいはその他、なるべく楽な方法はないかと頭をフル回転させて思いついたのが、prime nowだった。

スマホアプリ(いわゆるAmazonアプリとは別アプリで注文するところに注意)を操作して、検索すると、該当商品があった。prime nowは個人的にはお昼ご飯とか、洗剤とか、そういった日常品がその日のうちに届くイメージだったため、こんなマイナーな家電があったことにまず驚いた。

アプリを操作して購入まで進めると、アプリ上の表示が「18:00-20:00到着予定:商品発送の準備をしています」と変わった。

3時間後に届いた

到着予定時刻に近づくと、「配送員がAmazonの注文を持ってお届け住所に向かっています」に変わった。そして18:18、配送員さんが無事に家に届けてくれた。

微妙なところ

ネット上だと「結局来なかった」「Amazonと連絡も取れなかった」などの記事も散見されたため、電話連絡が来ない、できないのはなんとなく不安だった。また、アプリ上の表示も「18:00-20:00到着予定:商品発送の準備をしています」から変化がないのでドキドキだった。

まとめ

プライム会員なら配送料無料で、商品自体の価格もAmazonで売ってるそのまんまなので、買いたい商品の型番まで確定しているのであれば絶対オススメです!

※時間があるときに、アプリキャプチャの追加や記事の補強をしておきますorz