〜Payって流行ってるの?(PayPay編)

こんばんは。パピーです。

2018年は、〜Payがたくさん登場した。と感じているのは私だけでしょうか。気になっている方もいると思いますので、数回に分けてこれらを実際使ってみた感想をシェアしていきたいと思います。

なんとかPayのほとんどはQRコード決済

iDとかQuickPayとなにが違うの?

iDやQuickPayはFelica(フェリカ:非接触ICカード技術)を内臓したスマホと、店舗のレジに設置したFelicaリーダーの組み合わせで決済する仕組みで、いわゆる「おサイフケータイ」からの派生です。対して、〜Payのほとんどは、スマホアプリで表示するQRコードやバーコードを店舗のレジで読み取ってもらったり、店舗側で表示するQRコードをスマホアプリで読み込んで決済する「QRコード決済」です。

基本的な仕組み

顧客提示型

商品を買う側(顧客)のスマホアプリでQRコードまたはバーコードを表示して、店舗側(売る側)のレジでそれを読み取って決済します。

店舗提示型

店舗側(売る側)で表示したQRコードまたはバーコードを商品を買う側(顧客)のスマホアプリで読み取って決済します。

大きくは上記のどちらかの型で、あらかじめチャージしたもの、または登録してあるクレジットカードから決済するかの組み合わせになります。サービスによってできることが若干異なっていたりします。

なぜ今流行り出したのか

店舗側で用意するものが簡易的なものでよい(店舗提示型であれば紙に印刷したものだけの場合もある)ため、中国をはじめアジアで流行っているらしく、2020年の東京オリンピック・パラリンピック(今日、JOCの竹田会長が贈賄容疑でフランスで捜査が開始されたニュースで騒がしいです。。。大丈夫かな。。。ゴーン逮捕の報復だとかなんとか)のインバウンド需要を見越した準備で、日本でも急激に流行りだしたと言われています。

代表的なQRコード決済

PayPay

ソフトバンクとヤフー!の合弁会社、PayPayのサービス。昨年末に「PayPay祭り」で世間を騒がせました。

LINE Pay

LINEが始めたサービス。店舗ではチャージした金額から決済。ネットでは、あらかじめ登録しておいたクレジットカードで決済できます。

Origami Pay

“お金、決済、商いの未来を創造する”会社、Origami社が数年前から始めました。UIが秀逸です。

楽天Pay

楽天が始めたサービス。いろいろな楽天サービスと連携しそうな感じです。

PayPay使ってみた

まずはPayPayから。私も年末の「PayPay祭り」に参加してしまいました。始まったときの魅力は何と言っても還元率。買い物をするたびに20%ポイント還元されて、40回に1回の確率で全額ポイントバック!(Yahoo! プレミアム会員でid連携済みであれば1/20に確率アップ、更にソフトバンクユーザであれば1/10)
10日で終了してしまいましたが。。。

よかったところ

・キャンペーン中の還元率。これに尽きます。
 mamedgeにせびられたiPadスマートキーボード代の20%:4,767ポイント
 ファミリーマートで買ったお茶代のなんと全額!:106ポイント

合計 4,873ポイントをゲットできました!

微妙だったところ

・クレジットカード不正利用が数億円規模であったこと
・キャンペーン中、システム障害があり一時利用不能になったこと
・キャンペーンが終わってしまい、今のところ使う理由がなくなってしまったこと。。。

まとめ

「PayPay祭り」に参加して、4,873ポイントゲットして楽しい買い物をさせてもらいました。このポイントを使ってお昼ごはんを買ったりしています。一方、事故や障害があったのは心配させられました。こういった系のサービスは安心が一番だとつくづく感じました。
とはいえ、アプリのアップデートも頻繁に行われるようになり、逆に現時点では一番安全なのかも知れません。またキャンペーンをやる噂もありますので、皆さんも使ってみては?