〜Payって流行ってるの?(LINE Pay編)

どうも。パピーです。

今日はQRコード決済、LINE Payについて書こうと思います。こちらにPayPayOrigamiについても記載していますのでご興味があれば見てみてください。

LINE Pay使ってみた

ほとんどの方が使っているだろうLINE が展開している決済サービスです。

LINEのアプリそのもので決済が可能になります。
設定を進めていくと、ネット上にバーチャルな財布ができるイメージです。そのバーチャルな財布に対してセブンイレブンに足を運んで「セブン銀行」からチャージしたり、登録した銀行口座からチャージしてから使い始めます。

よかったところ

・LINE Payも上限は低かったものの20%還元(最大5,000円還元、つまり25,000円までの買い物までが対象)キャンペーンをやっていたので参加して得をしたこと。
・クレジットカードを登録していれば、オンラインでもLINE Pay決済ができて、20%還元対象になったこと。
・今後もコンスタントにキャンペーンがありそうな雰囲気(実際はわかりませんが)なこと。

よさそうなところ(まだ使っていない)

請求書払いができる

我が家は公共料金は引き落としにしているので使っていないのですが、東京電力や水道代の請求書払いができるようです。請求書についているバーコードを読み取ってバーチャルな財布から決済できるようです。特に引き落としにするのが面倒な方には便利なのではないでしょうか。

一部のポイントカードがスマホ化できる

ローソンやファミマにいくと、決済と一緒にポンタカードとTポイントカードを出してポイントを貯めると思います。せっかくQR決済でスマホだけで済むのに財布からポイントカードを出しては元も子もありません。LINEにはポイントカードを電子化できる機能もあるようなので明日にも紐付けして使ってみる予定です。

微妙だったこと

クレジットカードの位置づけがわかりにくい

LINE Payも上述のとおり、クレジットカードの登録はできます。ただ、OrigamiやPayPayではクレジットカードからQRでの買い物が決済されるのに対して、LINE PayではQRでの買い物はセブンイレブンや銀行口座からあらかじめチャージしておかなければなりません。プリペイド感覚でチャージした分だけ使えるのは安心ではあるのですが、残高がない場合はレジに並んでいる途中でチャージしたりする必要があります。

じゃあ、クレジットカードはどういうときに使われるか、ということですが、オンラインで決済する際にクレジットカードから決済されます。
例えばZOZOTOWNでの買い物の決済にLINE Payを選ぶことができるので、この場合は登録しておいたクレジットカードから決済されます。

オンライン決済のキャンセル時が微妙

さらに、オンラインで買い物して決済されてしまった場合、キャンセルしてもクレジットカード側はキャンセルされずにLINE Payのバーチャルな財布の方に戻ってきてしまいます。
実際に、ZOZOTOWNで買い物したものを訳あってキャンセルしたのですが、バーチャルな財布の方にキャンセル金額相当の金額が戻ってきました(クレジットカードの決済はそのまま)。
本当は、決済自体がキャンセルされるとうれしいですよね。

まとめ

個人的に、LINE Payにおけるクレジットカードの位置付けは微妙だと思っていますが、なんとなく一人暮らしの方には便利かなーと思います。
私が一人暮らしで比較的引っ越しが多かったとき、なかなか公共料金の銀行引き落としをしなかったので、あのときこういうサービスがあれば間違いなく使っていたと思います。
あとはユーザー間での送金や割り勘ができたり、チャージ方法が多彩で全体としてはよくできているサービスだと思いますので、特に若い方にはおすすめです!