【Word】卒論・レポートで図番号、表番号、図番号を自動で振る・参照する方法

こんにちは。卒論提出が間近に迫り、ヒーヒー言っているまめっじです。
今日は、卒論やレポートをwordで書くとき、自動で表番号・式番号・図番号を振る方法を書いていこうと思います。

こんな感じのことができるようになります。

さて、ではやり方を見ていきましょう。

アウトラインを適用する

まず、文章にアウトラインを適用しましょう。
ホームタブで以下の赤く囲まれた場所を押します。

すると、以下の画面が出てくるので、使いたいアウトラインを選択します。
ここで注意しなければならないことは、以下の画像のように”見出し番号”と書いてあるアウトラインを選択しなければならないことです。

これが終わったら、次のステップに進みます。

図(表、式)番号を挿入する

次に、「参照設定」タブにある「図表番号の挿入」をクリックします。
すると、以下の画面が出てくるので、以下の画面を押して章番号と図番号を対応させます。
「書式…」を押して、「章番号を含める」にチェックを入れましょう。

すると、図番号が挿入されます。2番目以降は自動で図番号を振ってくれます。
文字や書式はいろいろ変えられるので、試してみてください。

相互参照を利用して、図(表、式)番号を引用する

最後に、文章中で図番号を引用するときに便利な機能を紹介します。
「参照設定」の「相互参照」をクリックしてください。

すると、書式を選択すると、いままで図や表につけてきた図表番号を挿入することができます。
これらは図番号自体が変更されても、ctrl + aで文章全てを選択し、右クリック>フィールドの更新 で自動的に更新されるので、とても便利です。ぜひ、レポートや卒論を書いている学生さん、資料作成に追われている社会人さんは使ってみてください。